会社沿革

1992年 8月

現代表中西が、トヨタ系企業向けに省エネのコンサルティングを行い、省エネ機器の販売を開始。
下水道減免の事業を開始。
経済産業省管轄中部ESCO推進協議会に登録。総合省エネコンサルティングをESCO事業にて開始。

2003年 9月

イオングループと下水道減免事業の契約締結。東海地区イオンを中心に下水道減免事業拡大。

2004年 7月

商号を株式会社ヴェルテックスジャパンに変更。
下水道減免事業を強化。代理店網を拡大。(東京、大阪、名古屋、群馬、青森、札幌、広島、福岡 他)

2007年 6月

新たな下水道排出システムを開発。本システムにて特許取得(特許番号:5087713号)

2012年 9月

下水道排出システムにて新たな特許取得。(特許番号:5804338号)

2016年 9月

ゼロシステム事業が、中小企業等経営強化法・経済産業省に基づく、『経営革新計画』の承認を受ける。

2017年 11月

ゼロシステムの技術を強化するため、㈱JR西日本テクシアとの技術提携契約を締結。

2018年 1月

ゼロシステムの本格的販売 開始。

2019年9月

地下水利用プラント事業開始。

2020年10月

地下水利用プラント事業 大手企業との技術提携。

現・代表取締役社長中西茂樹 略歴

早稲田大学商学部を卒業。
㈱豊田自動織機に入社。営業、購買部門を担当。
㈱豊田自動織機を退社後渡米。ニューヨーク州立大学(NYU) にてマーケティングと美術史を専攻し、卒業後帰国。
その後下水道事業を中心に事業展開、現在に至る。

主要取引実績(主要契約企業:敬称略)

イオングループ、関西大学、三菱電気ビルテクノサービス㈱、 ㈱サンケイビル、㈱大丸松坂屋百貨店(心斎橋店)、新日鉄室蘭総合病院、日本赤十字社医療センター、 なんばパークス(南海電気鉄道㈱)、三番街(阪急阪神グループ)、ホワイティ梅田、産經新聞印刷(美原、北摂工場)、梅田阪急ビル(阪急阪神グループ)、OMMビル(京阪電鉄)、近鉄百貨店 他 大手上場企業・施設多数