当社ではゼロシステムで2 件の特許を取得しております。それぞれの特許内容をご説明致します。


特許Ⅰ
この特許は、100%下水道に接続された状態から、配管を分岐し、排水の一部もしくは全部を取水した上で浄化処理を行い公共水域に放流する一連の流れをシステム化し、特許としております。

特許Ⅱ
この特許は、ゼロシステム処理工程における『水質常時監視システム』、並びに、このシステムからの指令による『配管自動切換えシステム(水質により再処理工程に戻す等のシステム)』の特許となります。
これら2つの特許システムにより、基準値を越える水質の排水が公共水域に放流されることがなくなります。